20090130

芸創→精華 CONNECT vol.2 精華小劇場公演

Category:公演情報
芸創→精華連携企画connect_vol.2top
精華小劇場公式サイト
http://seikatheatre.net/

connect vol.2チラシ

芸創→精華 CONNECT vol.2 精華小劇場公演

大阪市の舞台芸術活動拠点施設、芸術創造館と精華小劇場が連携して行う企画。
7組のアーティストによる上演(11月、芸術創造館にて)を経て、
審査員によって選ばれた2組が精華小劇場にて改訂再演。
次代を担うアーティストの発掘企画。
新たな表現の担い手を目撃してください。


■日時
2009年1月30日(金)19:30
2009年1月31日(土)18:30
2009年2月 1日(日)14:30
*受付・開場は開演の30分前
*各回終演後にポスト・パフォーマンス・トークを行います。
*1月31日(土)14:30から、11月に行われた芸術創造館での公演の上映会を行います。(入場無料)

■会場
精華小劇場
>>詳しい場所はコチラ

■料金
1,500円(前売・当日ともに)

■チケット取り扱い
精華小劇場
06-6643-7692(11:00?18:00)
ticket@seikatheatre.net

(財)大阪城ホール・文化振興部
06-4792-2061


■出演団体

夕暮れ社 弱男ユニット

2005年、村上慎太郎を中心に始動。過去、カフェや砂浜や商店街など劇場外での公演を数多 く行う。ゲルニカとテポドンが戦ったり、男同士が愛し合いゴリラを人の子に育てて不幸に なる等チープなストーリーと、俳優の個性や爆発力のある演技・スピード感溢れるテンポの 良い芝居作りが特徴。

上演内容
「現代アングラー2009」
●作・演出=村上慎太郎
●出演=稲森明日香、孝学直、仲乃亮、峯奈緒香
●スタッフ=演出助手/向井咲絵

自身の成長過程を軸に1960・70年代に全盛を迎えた「アングラ」と呼ばれた<ジャンル>の <本質>を暴き<2009年の現代の時代性>に融合を試みようとしてゐる。今回のこの精華小 劇場の再演で、この作品のまた新たな一面と向き合うことになってゐる。<ゐぬく>

公開選評会より
単純にこれだけのことをやったら誰でもインパクトがあるだろうと思うんですが、本当に実 行するにはかなり超えなければならない壁があったはず。超えられたのが受賞のポイントだ と思う。脚本はもっともっと練れると思います。役者が3人ともよかった。普通さ加減が。 普通の人が出てこないと異常なものが異常に見えないので。(川下大洋)

ハプニング性を使った、かなりぎりぎりのところでやっているのが面白かったけど、練習し てしまうとそれがなくなってしまうかも。次の展開、たとえば精華公演を考えたときにどう するのかなと言う期待と不安が両方あります。評価するとしたらそのぎりぎり感が大事だと 思うから、その緊張感を毎回の舞台でどうしていくかが課題になると思う。(ヤノベケンジ )

寺田未来(てらだ みな)

演劇界、ダンス界でつまみ食いを重ねて来た寺田未来が好きな場所で好きな人と好きな事や らせてもらってますなプロジェクト。
今回も、劇団「兄貴の子供」へ所属しアーティスト集団ニブロールへの参加など、国内外で 活躍する役者・山本圭祐氏とともに参入いたすよ。
blog「#306 1/2」 http://blog.goo.ne.jp/yumemigokochi

上演内容
「ノヽ□→、ぁナょナニ∧(*゜▽゜)/」
●作・演出=寺田未来
●出演=山本圭祐、寺田未来
●スタッフ=映像/上田茂

2ヶ月半ぶりだね、はじめまして。
いつもいつも彼方を想っていたよ時々。
今度会える日の事を考えると多分嬉しくて
興奮して眠れないのよじゃぁお休み。またね(*゜▽゜)/

公開選評会より
長い作品を短くされたからか、最初と最後の女の子のキャラが全然違う。前半がほとんどい らないと思った。男の人がものすごく古いと感じがしました。あんな口説き方はしないと。
後半は携帯のメールを使ったりして表現に新しさがあった。そちらでもう1本でできるくら いポテンシャルがあった。(谷口純弘)

これでもかこれでもかと繰り出す豊かなアイディアの応酬、それにクオリティーが高かった 。元々長い作品を短縮したということがあるけれども、それでいて寺田さんのキャラクター の淡々としたところが、きちんと地に足が着いていた。ぼくとしては、もっともっとこのペ ースで密度の高いものを作り続けていくエネルギーがあればまた違うフェーズに上がるので はと期待しています。(ヤノベケンジ)


1次選考会 審査員(50音順)
川下大洋(劇作家、演出家、俳優/piper)
服部滋樹(graf)
ヤノベケンジ(現代美術家)
谷口純弘(FM802)

1次選考会 上演団体(上演順)
France_pan 『あの角を左に曲がって、2つめの信号です』(作・演出/伊藤拓)
淡水『どっちにしても』(創作/菊池航)
寺田未来『僕の中の私でいるから、私の中の君でいて』(作・演出/寺田未来)
0samen『あばうとがーる』(構成・演出/吉田祜)
乙R『Fail/』(作/江坂一平)
ピンク地底人PR『ILLMATIC BABY』(作・演出/ピンク地底人3号)
夕暮れ社 弱男ユニット『現代アングラー』(作・演出/村上慎太郎)

1月31日(土)14:30から、上記公演の上映会を行います
*入場無料、各作品30分・上演順に上映(寺田未来、夕暮れ者 弱男ユニットは除く)


主催=精華小劇場活用実行委員会 大阪市
企画運営=(財)大阪城ホール・文化振興部